妊娠している時の脱毛

エピレ吉祥寺

脱毛エステやクリニックは妊娠中や整理中の

施術はお断りしていることが多いです。

 

さらに自分で脱毛しようと思っていても、
家庭用脱毛器を使っていくことを考えるような人も
少なくないですが、これも控えたほうがいいでしょう。

 

さらに各メーカーから発売されている家庭用脱毛器の
取り扱いの説明書の注意事項では、
妊娠や授乳中の方であれば使用の前に医者と
よく相談してみるといったことを記載されています。

 

さらに医者との相談をしないと、
肌管理に悪影響を及ぼしてしまうような
可能性がありますから妊娠中や授乳中といったことでの
使用は原則禁止です。

 

そして、脱毛器が発している光が直接胎児に
悪影響を及ぼしてしまうといったことではないです。
そして生理中の人であればホルモンバランスが崩れて
肌の状況が普通よりも敏感になっていますから、
比較的肌の優しいような家庭用脱毛器と言っても
通常よりも痛みが感じやすくて
負担が大きくなってしまうといったことになります。

 

妊娠中のホルモンバランスの変化によって
通常よりかは毛深くなるといったことがありますから、
脱毛処理をしたときには期待していた効果があらわれなくなってしまって、
効率的でないといったことがあるでしょう。

 

さらにホルモンバランスの変化によって毛深くなるといった人が多い一方、
逆に抜け毛が増えてくるような人もすくなくないです。
そして妊娠中や授乳中といったことで、
肌の状況が非常に不安定になってきて、
さらに何もしていなくても肌が薄黒く変色するような方もいます。
そして黒いものに反応するような光を当てるといった光脱毛では、
余計なリスクが伴ってしまうような状況があります。

 

さらに、家庭用脱毛器は自宅で気軽に脱毛できるようなとても便利な存在ですが、
仕様に関して意外にストレスがかかってくるといったことがあります。
そして敏感な状況の肌が痛みを感じてしまったり、
さらに手の届きにくいところに光をあてるようになりますから、
無理な姿勢をとったり、さらに場合によっては肌荒れになったりすると
いったことがあります。
そして、妊娠中や授乳中には、
ムダ毛が増えていてもなかなか処理ができずにきれいにしたいといった
気持も十分にはわかりますが、焦ってはいけません。

 

吉祥寺のエピレの店舗情報はコチラ