埋没毛の原因は間違ったムダ毛処理であることが多い

吉祥寺エピレ

かみそりでムダ毛処理をするときに、毛の流れにそって処理しなかったときにできやすいのが埋没毛です。埋没毛というのは簡単にいえば、埋もれ毛のことです。皮膚の下でムダ毛が丸まったようになってしまい、さらに肌ががさがさしている状態が多く皮膚が分厚くなっていて、皮膚の下に埋まったムダ毛がなかなか皮膚の上に出てこれない状態になっていることがあるのです。

 

埋もれ毛ができてしまったときには、無理やり引き抜いたりせずに、そっとそのままにしておくことです。無理やり引き抜いたりすると、毛穴が傷ついて炎症を起こしてしまうことがあるので、絶対に無理やり引き抜いたりしないことです。肌荒れの原因にもなってしまうので、無理やり引き抜いたりせずに、そのままにして肌ケアをきちんと続けておくことです。肌ケアを続けることで、皮膚が柔らかくなり、埋没毛が出てきやすくなるのです。

 

ピーリングするのもいいですが、早くなんとかしようと毎日行うのは絶対にやめておくことです。ピーリングは週に二回程度で十分です。埋もれ毛というのはただしいムダ毛処理の方法で行っていればできないものです。ですので、かみそりなどでムダ毛処理を行う場合、脱毛などをする場合には、必ずただしい方法で行うようにすることが大切なのです。

 

TOP